登下校時の安全確保について

生徒指導部
登下校の安全確保について(お願い)

 本校は緑に囲まれ、美しく豊かな自然環境に恵まれています。しかし、登下校の安全を考えると人家が少ない場所も多く、痴漢・変質者などの被害が発生するなど危険な地域でもあります。
 これからの時期、このような事件が増加することも考えられ、たいへん憂慮しております。学校として、警察と連絡を取りながら、「警察によるパトロールの強化」「教員による巡回」なども行っていますが、すべてのエリア・時間帯をカバーすることはできません。
 被害を未然に防ぐためには、生徒自身がしっかりと危険性を理解することも必要です。是非この機会に、ご家庭での「通学路の安全点検」及び「普段から注意しておく点の確認」をお願いいたします。


被害に遭わないために
①危険性の高い場所(人通りのない道、暗い道)は通らない。遠回りしても安全な道を通る。
ハザードマップを参考にする。
②登校・下校ともできるだけ複数で行動する。
③朝は余裕を持って家を出る。部活が終わったら直ちに帰宅する。
④帰宅が通常より遅くなるときには、家庭に連絡をする習慣を。
⑤身だしなみに気をつける。(短いスカート・はだけたシャツ・化粧は犯罪に巻き込まれる原因にもなります。))

危険を感じたら
①不審な人物がいたら、近づかない。
②不安があれば引き返すか、近くの商店や民家に助けを求める。
③危険を感じたら、すぐに学校か、保護者に連絡。事前に対応策を考える。
④被害に遭っている人を見かけたら、すぐに110番

万が一被害に遭ってしまったら
①すぐ110番通報し、近くの民家など逃げて助けを求める。
②できれば、年齢、身長、頭髪、服装、車の色・ナンバー、など犯人を特定できる情報を記憶(記録)しておく。


事故(被害)があったら、すぐに・その場で110番通報を
学校連絡先048-878-2113  (警察の後に連絡を)


「自分だけは大丈夫」といった思い込みは危険です。用心しすぎということはありません。もう一度、自分自身の安全ためにチェックして下さい。

自己防衛の意識は大変大切です。交通時や不審者等の被害は意識の部分でかなり防ぐことができます。これから3年間、常に頭の片隅において行動していきましょう。