スタッフ紹介
監督  喜多大岳   (伊奈学園総合高校→日本大学)
顧問  柴田隆幸 上島一吾    山崎要コーチ 

主将  野口瑛瑞 (さいたま市立原山中学校出身)

副主将 猪瀬楓介 (さいたま市立第二東中学校出身)

    守屋一真 (さいたま市立田島中学校出身)

野球を通して自立心を育成し、社会に出た時に活躍できる人間を育成し、部として「甲子園で校歌を歌うこと」を目標としている。
目標の設定から、個人が具体的数値目標に向かい毎日の練習を行い、常に結果の出すための手段を考えながら工夫して練習を行う。そのため、課題練習の時間が多く、各自が主体的に練習を行い常に自分がどのようにしたら上達するのか考える方向にある。

活動人数

  1年生 16名   
  2年生 15名
  3年生 5名  
    マネージャー 5名
全41名

 

3年生は引退した為現在は35名で活動中

 

活動場所

  浦和東高校グラウンド、川通球場、市営大宮球場、浦和球場、雨天時室内

活動時間

  火曜日〜日曜日 
        土日は県内、県外にて練習試合を行います。
  月曜日は基本フリー(自主練習可)

   時間:放課後〜

活動内容

 ・飛距離を伸ばすための打撃練習
 ・堅実かつ巧みな守備を作るための守備練習
 ・常に次の塁を狙える走塁練習
  ・強靭な体を作るための自重トレーニングやウエイトトレーニング

 

主な実績

夏季埼玉県大会

8月10日(月)

2回戦 浦和東0-3市立浦和

R1 季南部地区大会 4季連続代表決定戦進出
   1回戦浦和東22-0四校連合
   2回戦浦和東2-6川口青陵 


R1     夏季新人大会
          2回戦 浦和東6ー9大宮南

R1     第101回甲子園予選埼玉大会
           2回戦 浦和東0ー12大宮東
H31    春季埼玉県大会
           1回戦 浦和東0ー6春日部東

H31    春季南部地区予選    3季連続代表決定戦進出
           1回戦 浦和東7ー3大宮
           2回戦 浦和東13ー8川口青陵   春季県大会出場!
          
          ※県大会へは36季ぶりとなる出場!

H30 浦和市内大会予選リーグ
    浦和東2ー2浦和商業
    浦和東1ー1浦和実業  決勝トーナメント進出
          決勝トーナメント1回戦
              浦和東1ー8浦和学院

    季南部地区大会 2季連続代表決定戦進出
   1回戦浦和東5-4開智
   2回戦浦和東6-11慶應志木  


   夏季新人戦 1回戦浦和東5-9浦和工業

   100回記念大会 2回戦浦和東1-13西武文理

        春季南部地区大会 代表決定戦進出
   1回戦浦和東8-2岩槻商業
   2回戦浦和東3-10朝霞西

H29 季南部地区大会 

   1回戦浦和東3-7大宮南
    
     夏季新人大会
   2回戦浦和東6-3和光
   3回戦浦和東4ー10立教新座



野球部トピックス

夏季埼玉県大会(野球部)

本日朝霞市営球場にて夏季埼玉県高校野球大会二回戦が行われました。

その結果報告をさせて頂きます。

 


浦和東0-3市立浦和

 


  1 2 3 4 5 6 7

市 2 0 0 0 0 0 1 3

浦 0 0 0 0 0 0 0 0

 


投手

湯浅(川口十二月田)、大道(川口十二月田)-野口瑛(さいたま原山)

 
試合内容

昨年の秋以降の大会もあり、緊張したのが生徒から直に伝わってきていました。緊張すると足が前に出なかったり、逆に前のめりになりすぎることがあるから、とにかくディフェンスはワイドに大きく守ろうとミーティングをし、送り出しました。

初回、エラーにヒットが絡み、2点を先制されます。その裏、浦和東の3番野口瑛瑞(さいたま原山)も2死から右安打で出塁します。しかし、後続が続かず無得点となりました。その後は、湯浅巧海(川口十二月田)の緩急のつけた変化球で凡打の山を築いていきます。6回裏には高橋涼太(上尾)のヒットで出塁しますが、相手投手の130キロ後半の伸びのあるストレートとストレートと球速差のないスライダーを中々打ち崩すことができず、この回も無得点に終わります。7回表、お互いのチームに流れがいかない中で1死からソロホームランを浴び3点目を奪われます。それが決勝打になり、3ー0で敗退してしまいました。

3年生はこれで引退になります。この3年生は新型コロナウイルスの影響で、春の大会が無くなり、夏の甲子園も中止になった異例の代でした。しかし、5月途中から一人一人と連絡を取り合い、オンラインで自主練習を再開しました。6月の登校日には一人一人と面談をし、最後の大会まで続けると全員が迷わず答えてくれたことは、顧問として本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした。そして、今日チームの集大成の場でした。試合展開は中々苦しい状況で、終了しても試合内容に満足している者はいなく、日頃の成果を発揮できたかと言われるとできなかったと思います。3年生は今日で引退になりますが、この悔しさをバネに次のステップで力を発揮してほしいです。引退しても部員には変わりはありません。進路活動も含め今後も野球部員として頑張ってほしいと思います。


この3年生は全6名でした。主将竹ヶ原大騎(越谷南)中心に本当によく頑張ったと思います。また、マネージャー橋本舞羽も最後の最後まで一生懸命に裏方に徹してくれました。本当に感謝しています。

6人のバトンをしっかり受け次の代も一生懸命やっていって欲しいと思います。


次の代は、強いチームを目指すと同時に勝つチームを再度目指していきます。秋の大会は間近にあります。部員同士切磋琢磨してやっていってほしいと思います。