校長だより

校長だより

校長だより 東雲祭ステージ発表

 今年の東雲祭は、新型コロナ感染症拡大防止の観点から文化祭の規模を縮小し、9月10日(金)の1日を午前の部(3年生、1年生1~4組)と午後の部(2年生、1年生5~9組)の2部に分けたステージ発表と9月8日(水)~10日(金)の放課後までの間に作品等の展示発表をすることとしました。 

 テーマは「UEにポジティブな革命を」です。

 このコロナ禍で、ポジティブに発想を転換して、この逆境を乗り越えていこうという願いを込めています。 

 開催にあたっては、感染対策のため時間や場所等、様々な制限のある中、このテーマのもと様々な工夫やアイデアを出し、生徒会役員、文化祭実行委員、先生方、その他、多くの方々に準備を進めていただきました。お陰で滞りなく、時間通りに、そしてとても充実した時間を過ごすことができ、大成功でした。本当にありがとうございました。 

 ステージ発表では、大きな声を出すこともできずマスクをしたままでのパフォーマンスでしたが、その中で精いっぱい今まで練習を重ねてきた成果を出し切ることができたと思います。生徒全体に対して、運動部だけでなく文化部の存在感をアピールすることができた力強い発表でした。

バトン吹奏楽筝曲なぎなた

 

校長より 文化祭文化部作品展示

 9月10日(金)の文化祭に向け準備を進めています。今年度は、新型コロナ感染症拡大防止のため1日の校内公開とし、部活動の発表のみとしました。

 そのため、9月8日(水)~10日(金)の放課後までの間に以下のとおり作品を展示しています(コンピュータ部と写真部は10日のみ、茶道部は写真を展示)。

 

 ① 1階体育館へ向かう通路付近 総合科学部・書道部・華道部・被服食物部

 ② 2階体育館へ向かう通路付近 工芸部・美術部・茶道部

 ③ 2階英語科演習室      写真部

 

 なお、被服食物部は、9月8日(水)と9日(木)の13:00~14:00の間にリング・ストラップ・ブレスレット・ネックレス・ポーチのなどの作品を販売しています。

 

校長より 2学期始業式

 9月1日(水)に始業式をオンラインで行いました。

 私からは、緊急事態宣言の延長により9月12日まで、本校は分散登校とオンライン学習の併用することとなったこと、文化祭は部活動等の発表のみとしたことについて理由を含め説明しました。

 また、生徒には、部活動や学校行事など様々な制限がかかったとしても、消極的にならず、いかに効率的に成果を出すことができるのか、自分なりに工夫やアイディアを出すなど積極的に取り組み、まずは目の前のことを最後まであきらめず、全力で頑張ってやり遂げてほしいと伝えました。

 生徒にとって充実した2学期となることを期待しています。

 

校長だより 第1回学校説明会

 8月21日(土)に実施した第1回学校説明会では、約500名の中学校3年生及びその保護者の皆様に御来校いただきました。緊急事態宣言下ではありますが、中学3年生にとっては大事な学校説明会です。会場は三密を避けるため、参加者を一堂に会することなく教室に20人を上限として分け、放送での校長挨拶、各教室で本校生徒及び教員からの説明や質問を受ける「あれこれ相談会」という形で開催しました。また、参加していただいた中学生とその保護者には、検温、マスクの着用、手洗いの御協力もしていただきました。 

 私からは、本校の魅力である「学校のきめ細かな学習指導体制」「学校行事・部活動に積極的に参加する生徒」「何事も全力で頑張り、あきらめないという本校の伝統」そして「来年度入学生から制服が変わり新たな浦和東高校の歴史的ステージに入ること」を紹介し、この説明会を通じでそのことを確かめたり、感じたりしてしてほしいと伝えました。

 本校の教育活動をよく理解していただき、自分の意思でこの浦和東高校を選び、来年の春、入学していただけるのを願っています。

 なお、11月13日(土)の第2回学校説明会では、「授業公開」と「本校生徒との交流会」を予定しています。お申し込みや詳細は、こちらのHPにて、お知らせ致します。

 

校長だより 令和4年度入学生から制服が変わります。

 本校は昭和58年に開校し、今年で39年目を迎えました。来年度は創立40周年を迎えます。これを機に、来年度入学生(令和4年度入学生)から制服をリニューアルすることとしました。浦和東高校の新しいステージが始まります。志ある皆さんをお待ちしています。

校長だより 表彰・1学期終業式

 7月20日(火)に表彰及び1学期終業式を行いました。新型コロナ感染拡大防止の観点から、大会議室から各クラスへリモート中継により行いました。

 ここでは、1学期終業式の校長挨拶を掲載します。

 皆さん、おはようございます。早いもので明日から夏休みになります。先ほど、部活動や英語検定、TOEICの表彰や関東大会出場報告、そして全国大会出場への抱負を述べてもらいました。新型コロナの影響により様々な制限がある中、皆さんは本当によく頑張っていると思いました。皆さんが授業や部活動に生き生きと取り組んでいる姿や挨拶をしてくれるのを見てとても安心しています。 

 さて、今日は皆さんに、失敗を恐れず、自分の目標にチャレンジし、自分にできる精一杯の努力を積み重ねていってほしいということをお話ししたいと思います。  

 毎日の学校生活の中で、悩みや不安はたくさんあるでしょう。勉強がわからないとか、やっているのに成績が伸びないとか、部活動でうまくいかないこと、将来の進路が決まらないとか、いろいろあると思います。そういった不安の中で失敗したくないという思いが強く、結果を考えて行動できなくなっている人はいると思います。しかし、人生は失敗の連続です。失敗した過去の事実を変えることはできません。しかし、その事実の持つ意味を、どうとらえるかについては、変えられます。 

 例えば、先生、看護師、運動選手などになるため、第一志望の学校や希望の企業等に合格せず、第2、第3、第〇志望のところに入ったとしても、そこで目の前のことを一生懸命行った結果、最終的に先生や看護師、運動選手等になれれば、失敗であったと思っていたところは、実は成功へのステップだったと考えてもいいのではないでしょうか。 

 つまり、紆余曲折しながらも自分のあるべき姿が実現したとき、過去に失敗したと思っていた事実は失敗ではなく、成功への伏線であったと言えるかもしれません。今を一生懸命生きて、楽しんで、それに満足していればそれは失敗ではないと思います。このことを忘れず、目の前のことしっかりと取り組んでいってください。 

 新学期9月10日、11日は文化祭を予定しています。すでに各団体で準備が始まっています。3年生にとっては最後ですし、1,2年生は初めてになります。感染対策で様々な制限がある中で、どのように工夫して成功できるか、皆さんの意気込みに係っています。しっかりやり切ってほしいと思います。

 それでは、猛暑に負けず、交通事故などにも十分気をつけて過ごしましょう。9月1日に皆さんに元気でお会いできることを楽しみにしています。

 

校長だより 川島永嗣選手からのメッセージ

 7月2日(金)、ワールドカップ日本代表の川島永嗣選手が、お忙しいスケジュールの中、本校を訪れ、後輩であるサッカー部員を激励していただきました。また、全校生徒に向けて、授業や部活動に一生懸命に取り組み、高校生活を充実したものにしてほしいとの旨のメッセージをいただきました。

 川島選手は現在、フランス1部リーグ、ストラスブールに所属しています。6月15日(火)のワールドカップ2次予選のキルギス戦では、ゴールキーパーとしてフル出場しています。

 なお、全校生徒向けのメッセージはClassiに動画掲載するので、御覧ください。

 

校長だより 教育実習生の皆さん、お疲れさまでした。

 5月31日(月)から始まった3週間の教育実習が本日(6月18日(金))で終了しました。今年度は本校の32~33期の卒業生7名でした。教育実習中は、教員としての視点だけでなく、OBやOGとして、浦東魂を受け継ぐものとして、学校行事などの学校運営やクラス活動、そして部活動に携わってもらい、できるだけ多くの生徒と接してもらいました。また、6月15日(火)から18日(金)の間に、この実習の総仕上げである研究授業が行われ、たくさんの先生方から指導をしていただきました。この3週間で大きく成長した実習生の授業を見ることができました。

 今回の教育実習はコロナ禍であるため、教育活動を制限される中での教育実習でした。しかし、直接生徒と関わるなかで、机上では学べないことをたくさん学んだのではないかと思います。現在、実習生が通っている大学は、どれもコロナの感染防止のため昨年度からリモートの授業が続いているそうです。

 実習生には、今回の経験を踏まえ、この状況に負けず、あきらめず、教員を目指して日々努力していってほしいと思います。

 教育実習生の皆さん、お疲れさまでした。

校長だより 生徒総会

 6月7日(月)7限に令和3年度生徒総会を開催しました。新型コロナウイルス感染防止の観点から、体育館に在校生が一堂に会して生徒総会を行うのではなく、グーグルミートを活用し、生徒会執行部は会議室、生徒は各教室という新しいスタイルの生徒総会でした。各議案の承認・不承認については、Classiを使って決議し、滞りなく終えることができました。

 昨年度は放送により行いましたが、生徒会役員の工夫や努力により今回はICTを活用しさらに進化した運営をすることができました。とても感動しました。

 クラスの様子

校長だより 離任式

 コロナ禍でもあることから、体育館で三密を避けるため2,3年生のみの参加で式を開催しました。

 本校では今年度当初の人事異動で14名の教職員が転出されました。それぞれの在職年数は違いますが、浦和東高校発展のために献身的に御尽力いただきました。

 本日御都合のついた先生方8名に、どんな思いをもって本校で御指導されていらっしゃったのか、お一人お一人から熱いメッセージをいただきました。

 これらの思いを生徒たちはしっかり受け止めてほしいと思っています。

 私も先生方の話を“たすきをつなげていく”という気持ちで聴かせていただきました。

 離任式後は、名残惜しい生徒たちが先生方と語り合っていました。