校長だより

校長だより

校長だより ふれあい交流会

 本日、5,6限を使って、生徒会主催で県立浦和特別支援学校の生徒さんたちとふれあい交流会を行いました。一昨年度までは年に一度、本校生徒がお邪魔させていただき一緒にゲームやダンスをして交流を深めていました。新型コロナ感染拡大防止の観点から昨年度は中止でしたが、今年度はリモートで本校の生徒会と浦和特別支援学校の生徒会の皆さんで交流会を実施しました。自己紹介や学校紹介をし合った後、一緒にゲームをするなど、親交を深めることができました。

 来年度は通常どおりのふれあい交流会ができることを願っています。

 

校長だより 壮行会 第3学期始業式

 本日はバトン部の壮行会、第3学期始業式をオンラインで行いました。バトン部は1月15日に開催されるダンスドリルウィンターカップ2022全国大会に出場します。始業式では校長、生徒指導主任及び保健環境部主任が講話を行いました。

 私からは新学期を迎え、生徒の皆さんの心にとめておいてほしいこと2点を以下のとおり伝えしました。

 1点目は、3学期も、3密(密閉、密集、密接)を避け、毎朝の検温、マスクの着用、手洗いなど感染対策をしっかり行っていくことです。

 県内の新規感染者数が急増しており、県によると、その約8割は海外で猛威を振るう新変異株「オミクロン株」感染の疑いが強いとのことです。このオミクロン株はデルタ株より重症化リスクが低いと言われていますが、感染速度が速いことから軽傷でも感染者が急増すれば医療は逼迫するのではないかと心配されています。一旦感染が拡大すると、濃厚接触者を含む多数の行動制限も加わり、再び社会経済活動の停滞を招きます。本校でも感染防止のため各個人一人ひとりが我慢すべきことは我慢し、できることをしっかり行っていくことが大切です。 

 2点目は、この高校生活の中で大人になる覚悟をきめてほしいということです。

 昨日は成人の日でした。成人式は祝日法により「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い、励ます」ことが趣旨とされています。この「成人」について、長らく大人、すなわち20歳以上という扱いが定着していましたが、6年前に18歳から選挙権が与えられ、この令和4年4月には民法上の成年年齢も18歳に引き下げられます。飲酒や喫煙はこれまで通り20歳未満は禁止されますが、4月からは18歳になれば保護者の同意なしにスマホの利用をはじめ、マンションやアパートなどの賃貸も自由に契約が結べるようになります。また、これまで女性の結婚できる年齢が16歳であったのが18歳に引き上げられ、男性と同じ年齢になります。

 来年の成人の対象者は、現在の高校2年生から大学1年生となります。つまり、高校在学時でも18歳になれば成人として扱われるようになります。皆さんも急に、18歳になったからといって、人は急に大人になるわけではありません。20歳も18歳も子どもから大人への通過点です。その通過点で、「自分は何をすべきか、どういう生き方をしていくか」を問い続け、大人になる覚悟をきめてほしいのです。例えば、自分は、人の痛みがわかる大人、心優しい大人などのなりたい大人や、逆に、ずるい大人、自分勝手な大人、人を傷つける大人などになりたくない大人のイメージもあるはずです。そして、そういった生き方をしている大人を高校生活の中で複数見つけ出し、それぞれの良いところを手本として、自分の理想の大人に向かって歩き出してほしいのです。

 

 以上のことを踏まえ、充実した3学期を過ごせることを期待しています。

 

校長だより 謹賀新年

 新年、あけましておめでとうございます。

 写真は本校の校訓校歌碑です。碑には校訓「英智 実践 健康」と校歌が刻まれています。

 本校生徒の英智を育て実践の意欲を高め、誇りと自覚をもって、本校を、そして郷土を愛する心を育ててまいります。

 本年もよろしくお願いいたします。

 

校長だより 表彰式 2学期終業式

 本日、表彰式、終業式をオンラインで行いました。

 表彰式では2学期中に行われた大会について、バトン部、サッカー部、卓球部、なぎなた部、空手部を、そして英語検定2級、漢字検定2級の取得者を表彰しました。終業式では校長及び進路指導主事が講話を行いました。

 私からは冬休みを前に、生徒の心にとめておいてほしいことを以下の概要のとおり大きく3点お伝えしました。

(概要)

1点目

 今週に講話いただいた講師の方々(①スクールガーディアン三角講師 ②NPO法人清水講師)からのアドバイスをしっかりと受け止め生かすこと。

①安易にソーシャルメディアを使うと思ってもいないトラブルに巻き込まれる恐れがあること。トラブルに巻き込まれないためには、書き込む際に、その場の雰囲気に流されるのではなく、一度立ち止まって考えること。また、仲間がトラブルに巻き込まれそうな書き込みを見たら「それはまずくないか」と注意してあげること。

②人の差別や偏見を少しでもなくすためには、自分の思考の枠組みを広げること。そのためには知識を広げていくこと。

2点目

 この1年を振り返って、自己の再評価を行い、上手くいったことは今後も生かし、反省すべきことは修正して来年につなげてほしいということ。

3点目

 何か辛いこと、苦しいことがあれば抱え込まず、すぐに保護者、担任教諭、顧問教諭、養護教諭、またはそれ以外の信頼できる大人に相談すること。それでも相談する相手がいなければ国や県の窓口に相談すること。

 

 冬休み中は交通事故などの事故もなく、1月11日の始業式に皆が元気に迎えられることを期待しています。

校長だより 防火防災訓練

 本日、さいたま市緑区消防署美園出張所の方々から御指導をいただき防火防災訓練を実施しました。

 今回は生徒たちに出火場所を前もって伝えず、避難直前に伝えて避難する訓練を行いました。例えば、出火場所が教室棟3階の西側の教室で出火した場合、煙は同階より上方に煙は広がっていくため、3階、4階にいる生徒は東側の階段から避難し、1階、2階にいる生徒は前もって決められた経路で避難することになります。どのような経路で避難するかはあらかじめわかっていないので生徒たちに緊張もあったと思います。しかし、概ね冷静に行動することができました。

 消防署員の方からは、避難する際の様々な注意点を御指導いただきましたが、中でも印象的であったのが、出火場所から逃げる際には一人で逃げないこと。一人で逃げると、冷静さを失いパニックに陥いりやすいとのことでした。とても参考になりました。

校長だより カルチャーフェスティバル

 去る12月19日(日)、本校の文化部の成果を発表する会としてカルチャーフェスティバル(文化部合同発表会)を開催しました。平成16年度の第1回から始まり、今年度で18回目となります。 

 今年度も、昨年度に引き続き、さいたま市立東浦和中学校の美術部、演劇部、そして吹奏楽部の生徒さんと合同発表することができました。地域の中学生の皆さんと交流を深めながら開催することができたことを心より感謝申し上げます。 

 文化部は運動部に比べると目立つことは少ないですが、しっかりと地に足をつけた活動を続けています。 

 今年度は4月からまん延防止措置、7月に緊急事態宣言が発令され、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、通常どおりの部活動ができるようになったのは10月の半ばからでした。そうした中でも、各部活動は様々な工夫しながら練習を重ねてきました。 

 この発表会ではそういった活動の成果を皆様に披露できる大変貴重な機会であったと考えています。 

 本日のカルチャーフェスティバルを開催するにあたり、多くの皆様の御支援と御協力をいただきましたことに改めて感謝申し上げます。

 

 

校長だより 芸術鑑賞会

 去る12月15日(水)、さいたま市民会館おおみやの大ホールで芸術鑑賞会を開催しました。新型コロナ感染拡大防止の観点から三密を避けるため、1部(3年生、1年生1~4組)と2部(2年生、1年生5~9組)に分けて実施しました。

 題目は「津軽三味線【あべや】」。津軽三味線、尺八そして太鼓などのプロの演奏を鑑賞するだけでなく、津軽三味線の歴史や尺八の種類などわかりやすく説明していただいただけでなく、生徒や教職員が参加してのソーラン節や太鼓教室など、観客を飽きさせない工夫もしていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 芸術鑑賞会は、生徒に芸術や伝統芸能に触れることで、豊かな情操を涵養し、社会人としての素養を身に着けてほしいという趣旨で実施するものです。

 今は、スマホやパソコンでいつでもどこでも音楽が聴けたり、映画や演劇なども見られたりするようになりました。しかし、本物を「生」で触れることによる「楽しさ」や「感動」は別物です。この芸術鑑賞会で、そのことを感じてもらえたのではないかと思います。

 将来、皆さんが大人になって、時々、こういった舞台芸術を鑑賞したり、美術館に出かけたりするような、豊かな時間を持てる大人になってほしいと思います。

校長だより 第3回学校説明会

 本日は352名の中学生とその保護者の方々に御参加いただきました。今回の学校説明会では、コロナの感染状況が落ち着いていることから、マスク及び距離を確保して体育館で一斉に、校長挨拶、学校概要、進路、入学者選抜についての概要を説明しました。また、吹奏楽部、なぎなた部、バトン部のステージ発表、そして部活動見学会も実施しました。

 皆さんのこれからの3年間を本校で過ごした場合、「自分の可能性を広げていける学校なのかどうか」という視点で、自分でしっかりと確認すること、そして、結果として自分の意思で、この浦和東高校に入学してもらうことを願っているとの旨を伝えました。

校長だより 修学旅行最終日

 本日は修学旅行最終日です。首里城公園見学後、班別行動で国際通りへ。

 生徒たちはこの修学旅行を通じて、集団行動でしか味わえない楽しさ、ルールを守ることや人と人との繋がりの大切さを学んでくれたと思います。

 ご協力いただいた全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

校長だより 修学旅行3

 本日は修学旅行3日目です。7時30分に離村式を行いました。生徒たちが初日と比べ、とてもいい笑顔になっているのが印象的でした。生徒代表から、今回温かく迎えていただいた民泊先の方々に感謝の気持ちを伝えるとともに、これからも人との縁を大事にして行きたいと話してくれました。とてもいい経験をしてくれたと思いました。

 

離村式の後はマリン体験です。皆、とても楽しんでいました。