男子バスケットボール部 令和3年 3年生の引退

5月30日インタハイ南部支部予選が始まった。浦和東は第1ゲームで大宮光陵と対戦しました。ゲーム開始後リードするものの追いつかれ逆転され追いかける展開に。後半勝負と考えていたので10点以内で前半を終えるために選手を総動員しました。控えの2年生もよく頑張ってくれました。7点差で後半へ。

第3クオーター逆転に成功し少し差をつけて第4クオーターへ。大宮光陵の3年生の頑張り、勝負に対する執念には頭が下がります。シーソーゲームとなり82-81、浦和東1点リード残り20秒マイボールエンドスローイン。大宮光陵タイムアウト。プレスダウンや残り時間の使い方を指示して選手たちを送り出しました。プレスデイフェンスではなかったもののこちらの痛恨のオフェンスミスにより相手ボールに。残り4,6秒大宮光陵5番3年生の意地のスリーポイントが炸裂82-84浦和東タイムアウト。2年生シューターがシュートを放つもリングにはじかれタイムアップ、ため息の出る終わり方でした。

大会前にレギュラーのスコアラーとインサイドプレーヤー(ともに3年生)が怪我をしてしまいチーム事情としては大変な状態でしたが2年生の頑張りは素晴らしかったと思います。3年生スコアラーの20点分をカバーし、リバウンドに躍動し3年生のためにという気持ちが前面に出ていました。

8人という少ない人数ながら小畑を中心によくまとまっていた3年生たち。お疲れ様でした。新チームは五十嵐がキャプテンとなり、どのような成長を遂げていくのか楽しみです。

3年生 ありがとう