女子バドミントン部 大会結果

本日、サイデン化学アリーナで新人大会団体戦決勝トーナメントが行われました。本校にとっては2年ぶり2回目の進出でしたが、残念ながら初戦敗退となりました。これによって、次戦1月団体戦の初シード獲得とはなりませんでした。負けた相手が次戦で0-3で負けたことを考えれば、本校は力が足りてないと思います。ただ、相手の県大会出場を決めているダブルに本校1番手ダブルがダブルスコアで2-0で勝利したことは勇気を与えられます。結局、出来ないことが多く、練習でそれを改善できず試合を迎えるので、自信がなくミスを重ねてしまい試合を壊してしまいます。強い気持ちで臨めば、結果も変わってくることを経験しても、それが継続できない弱さがあります。目の前でそれが出来、すごい結果を出した選手を見ても、次が続かない弱さを何とかしないと、いから技術が身についても結果は変わらないでしょう。次戦まで4か月もの長期戦になります。合宿や遠征も今年も出来ない状況、長時間の練習どころか毎日の練習も出来ない現状では、本校のように経験も実績もない選手がここまで来ただけで誉めてあげないといけないと思います。

浦和東 1-3 大宮北(第10シード校)