校長だより

校長だより 令和3年度 第39回入学式

 4月8日(木)午後1時30分から入学式を体育館で挙行しました。新型コロナ感染症拡大防止の観点から、参加者は教職員、入学者とその保護者(1名)と人数を制限しての入学式となりました。

 式辞の内容を掲載しましたので御覧ください。 

式辞

 暖かく柔らかな日差しを受けて木々の緑が芽吹き、生命あるものが生き生きと活動を始めるこの佳き日に、保護者の皆様をお迎えし、第三十九回入学式を開催できますことは、本校にとりましてこの上ない慶びです。

 ただ今、本校への入学を許可いたしました三百十八名の皆さんは、本日から晴れて埼玉県立浦和東高等学校の生徒となりました。入学おめでとうございます。また、保護者の皆様にもお祝い申し上げます。

 昨年度は、このコロナ禍で、今まで経験したことのない異例の状況下で、不安や焦りを感じながらも、高校入試を見事突破した新入生の皆さん、それを陰ながら支えてこられた保護者の皆さまに対し、心より敬意を表したいと思います。そして多くの可能性と意欲に溢れる皆さんを浦和東高生としてお迎えすることができ、私たち教職員並びに在校生一同、皆さんの入学を心から歓迎いたします。

さて、本校は「未来に向けてたくましく生き抜く若人の育成」を教育目標に揚げています。そのため、新入生の皆さんが本校の生徒として、常に心掛けていただきたいことを、三つお話をします。

 まず、一つ目は、「自分の世界を広げ夢や希望をしっかり持ってほしい」ということです。皆さんの誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、自分の力を発揮できるのがどんなものなのか誰にもわかりません。待っていても見つかりません。見つけ出すのは皆さん自身なのです。その第一歩として、自分の世界を広げていくことを意識してください。そして自分の持った様々な好奇心を大事にし、積極的に動いてみることです。学校生活の中で先生方や友人たちとの関わりをもったり、様々な分野の本を読んでみたりするなど、視野を広げる努力をしてください。その中で、もしかすると皆さんの知らない世界で、自分の可能性をもっと活かせる場所があるかもしれません。

 二つ目は、夢や希望を実現するための手順を想像することです。自分の夢や希望が見つかっても、それを達成するために何をしたらいいのか想像できなければ、それは絵に描いた餅です。例えば、自分の10年先のあるべき姿を想像してみてください。そして、その実現のためには今から7年先、3年先、1年先にはそれぞれどのような姿になっていなければならないのか、逆算して考えると「今、何をしなければないのか」をより具体的に想像することができると思います。まずは、どんな小さな目標でも、実現までの具体的な手順を想像する習慣をつけてください。

 三つ目は、「浦東魂(うらとんだましい)」を受け継いでいただきたいということです。「浦東魂」とは、何事もあきらめず、努力を重ね、粘り強く挑戦し続ける不屈の精神のことをいいます。本校は全国大会出場、日本一を目指すサッカー部をはじめ、運動部、文化部ともに大変活発に活動しています。その多くの生徒が自らを律し、部活動と勉強を両立して自ら進路を切り開いています。大学入試においても高い目標にチャレンジする生徒がたくさんいます。「浦東魂」は、こうした環境の中で積極的にかかわっていくことで培われていくのです。

 皆さんには、自分の世界を広げて夢や希望をしっかり持ち、その実現のために「想像」し、「浦東魂」をもって果敢に挑戦し続ける3年間を過ごすことを期待します。

 次に、保護者の皆様にお願いいたします。私たち教職員は、お預かりしたお子様の希望実現に向けて全力で応援します。そのためには、学校と保護者の皆様との密接な連携と相互理解が不可欠であります。各御家庭におかれましては、学校の方針を御理解の上、お子様の基本的生活習慣の指導には格別の御協力を賜りますようお願いいたします。

 結びに、新入生の皆さんにとって、本校での高校生活が生涯の宝として光り輝く三年間となることをお祈りして、式辞といたします。

 

                                令和三年四月八日

                                埼玉県立浦和東高等学校長 角坂 清博