校長だより

校長だより 教育実習生の皆さん、お疲れさまでした。

 5月31日(月)から始まった3週間の教育実習が本日(6月18日(金))で終了しました。今年度は本校の32~33期の卒業生7名でした。教育実習中は、教員としての視点だけでなく、OBやOGとして、浦東魂を受け継ぐものとして、学校行事などの学校運営やクラス活動、そして部活動に携わってもらい、できるだけ多くの生徒と接してもらいました。また、6月15日(火)から18日(金)の間に、この実習の総仕上げである研究授業が行われ、たくさんの先生方から指導をしていただきました。この3週間で大きく成長した実習生の授業を見ることができました。

 今回の教育実習はコロナ禍であるため、教育活動を制限される中での教育実習でした。しかし、直接生徒と関わるなかで、机上では学べないことをたくさん学んだのではないかと思います。現在、実習生が通っている大学は、どれもコロナの感染防止のため昨年度からリモートの授業が続いているそうです。

 実習生には、今回の経験を踏まえ、この状況に負けず、あきらめず、教員を目指して日々努力していってほしいと思います。

 教育実習生の皆さん、お疲れさまでした。