校長だより

2020年8月の記事一覧

2学期始業式

 本日、8月25日に2学期始業式を放送により実施しました。式では「校長講話」、「生徒指導主任講話・交通安全伝達講習会」、「養護教諭の講話」がありました。2学期の初めに当たり、生徒指導主任の先生からは生活面での留意点を、そして県の伝達講習会を受けた生徒から、通学の際の自転車の乗り方の注意点、そして自転車運転者としての責任や留意点の説明がありました。また、養護の先生からは学校生活を送るにあたり、新型コロナ感染拡大防止に係る留意点を丁寧に説明していただきました。以下に校長講話を掲載しました。

 皆さんおはようございます。校長の角坂です。 

 あっという間の夏休みでしたが、充実した日々を過ごすことができたでしょうか。この2学期の始業式に、皆さんの元気な姿を見ることができてとてもうれしく思います。

 しかし、現在でも、県内ではコロナ感染により、臨時休校や学級閉鎖となっている学校が複数あります。2学期も引き続き、密閉、密集、密接の3密を避け、毎朝の検温、マスク着用、手洗いをしっかり行っていきましょう。

 さて、本日は、志を高く、あきらめず、全力で頑張ってほしいという話をしたいと思います。 

 唐突ですが、今日は何の日でしょうか。今日の新聞によると、8月25日は北里柴三郎が1894年(明治27年)にペストの正体を発見し、イギリスの医学誌に掲載された日とのことです。 

 ペストとは、感染者の皮膚が内出血により紫黒くなることから黒死病と呼ばれ、たびたびパンデミック(世界的な大流行)を起こし、1億人以上が犠牲になった伝染病です。北里博士の論文発表後、日本では「伝染病予防法」が成立し、患者の隔離、船舶の検疫、といった防御策を講じ、感染拡大を防いだとのことです。 

 北里博士は、医学生のころから「病気を未然に防ぐことが医者の使命である」と高い志を持ち、予防医学を推進され、多くの人命を救いました。志を持ち、どんな逆境にも怯まず、志を貫いた生き方は、私を含め、皆さんの大きな手本になります。興味があったら、是非関係の本を読んでみてください。

 それと併せて、話は変わりますが、8月22日土曜日は、第1回の学校説明会を実施しました。多くの生徒の皆さんに、会場の準備から、中学生やその保護者の誘導、様々な質問にも答えてもらうなど、協力してもらいました。 

 驚いたのは、会場準備の迅速さ、中学生やその保護者へのあいさつや案内などの丁寧な接遇、質問に対して真摯に応える姿を見て、校長としてとても誇らしく思いました。 

 お陰で、参加した中学生や保護者から、「本校の生徒から元気なあいさつをしてもらいとても気持ちよかった」「場所の案内など丁寧にしてもらいとても感動した」「私も絶対に浦東生になりたい」といった感想が多く寄せられ、とても素晴らしい説明会になったと思っております。 

 もっと素晴らしいのは、この学校説明会のために何か特別の訓練をしたわけでなく、普段どおりの動きをそのまま出しただけだということです。

 皆さんは、浦和東高校の生活を送る中で、自然の身につけたことなのです。これこそが、本校の特徴であり、伝統であると思います。 

 皆さんには「浦東魂」という「何にでも全力で頑張る」「あきらめない」という意識を身につけているはずです。

 この意識を忘れず、北里博士のような大きな志とは言いませんが、しっかり目標を持って、何事にもあきらめず、全力でこの2学期を送ってください。

 私からは以上です。

 

第1回学校説明会(校長だより)

 8月22日(土)に第1回の学校説明会を実施しました。 

 説明会はコロナ感染拡大防止に万全を期すため、あらかじめ参加人数を500人に制限し、会場は三密を避けるため、体育館の2階フロアと1階剣道場の2つに分けて開催しました。 

 また、参加していただいた中学生とその保護者には、検温、マスクの着用、手洗いの御協力もしていただきました。 

 私からは、「2021学校案内」にある生徒や保護者の本校への満足度が高いことを紹介し、このことが「本当なのか」を、この学校説明会で「よく見て」「よく聞いて」「感じほしい」と伝えました。 

 この説明会に参加していただいた中学生やその保護者からは、「浦東の生徒が元気よく挨拶してくれてとてもよかった」、「学校に活気があり、明るくて楽しそう」、「絶対に浦東に行きたいと思った」等の感想を寄せていただきました。 

 本校の教育活動の特徴をよく理解していただき、自分の意思でこの浦和東高校を選び、来年の春、入学していただけるのを願っています。 

 なお、第2回の学校説明会では、「授業公開」と「本校生徒との交流会」を計画しています。